正しい治療でAGAは治療できるのか

10月 10 2015

AGA(男性型脱毛症)若ハゲの誤った治療は致命的になります

若ハゲは本当にツライと思います。ある程度の年齢に達していれば、多少の諦めもついたり病院に治療にと考えられますが、若いとなかなか病院にも行けず1人悩んでいる方も多いと思います。
ただ、誤って知識での自己治療はさらなる悲劇を生む可能性の方が高いので気を付けてください。
ネットや口コミなども多く普及している現代では、安易に情報が入ってきますが、すべてが正しい訳ではありません。
取返しのつく失敗とつかない失敗があります。髪の毛の問題は取返しのつかない事が多いので誤った知識での対策は止めたほうがいいと思います。

【間違った対策とは?】

若い頃は脱毛症で悩んでいても病院に行きにくく、何とかなると思いがちですが、何ともなりません。正しい治療方法で改善はされるかもしれませんが、若い頃は進行も早く、間違った治療をしてしまうと、さらに悪化し毛根がなくなってしまいますと、もう生えません。そこだけは避けたいですね。

【無駄に終わってしまう薄毛対策】

育毛剤の使用や育毛シャンプーの使用は良いと思いますが、自分に合った商品かどうかが問題になってきます。強すぎて頭皮を傷めていませんか?特に海外サプリの中には日本人には合わないものもあり、頭皮トラブルになって大変な思いをした方もいますので、気をつけてください。
サプリでも薬でもそうなのですが、途中で停滞する時期もあります。色々な種類を飲んだり止めたりを繰り返しますと、効果はありません。

【薄毛のためにやってしまう過剰な対策は無駄です】

頭皮マッサージが効果あると聞き、やりすぎてしまい頭皮を傷つけてしまい、さらに悪化なんて話を良く聞きます。物事にはほどほどが一番良いのですが、若さゆえに自己判断を誤ってしまう事もあります。
若い時期にこそ、しっかりとした薄毛対策をしたほうが何十年先の発毛、育毛の役に立ちます。頭皮を大事にしてくださいね。

【今より将来の事を考えよう】

若ハゲって老けて見えたりし、当人にすれば本当にツライ事だと思います。ですが、今より何年か先の育毛、発毛を気にしなくては、毛根がなくなってしまったら毛は生えません。本来なら専門クリニックでの治療をお勧めしたいのですが、若い頃は金銭的にも余裕がない場合もあり治療したくても出来ないなんて事もあります。正しい治療方法を見つけて、頭皮を大事にしてくださいね。

Written by uso